やよいしきつぼ

弥生式つぼ

弥生式つぼ

 紀元前3世紀頃から紀元3世紀くらいまでの弥生時代に作られた素焼きの土器。用途により器形に違いが生まれ、煮沸用に甕、貯蔵用につぼ、供献用に高杯の形となった。文様はシンプルになり、無文も多くなる。

 つぼは白子小学校の敷地から2つ並んで発見された。ゆるやかなカーブや、口縁のそりがよく残っている貴重なものである。貯蔵用に使われたと考えられる。胴のところに黒くすすけた色が見られ、炉ばたで焦げたのではないかと想像される。

出典:文化財をたずねて

和光市にはまちの宝物、文化財がたくさんあるんですよ。

  • 印刷する
埋蔵収納資料データベース
埋蔵文化財や収蔵している資料のデータベースです。
埋蔵文化財を発掘する工程を、スライドショーでご紹介します。
昔の道具を撮った写真から、使い方を想像してみましょう。
旧冨岡家住宅のペーパークラフトや、和光市史の一部をPDFでダウンロードできます。