ささらししまい

ささら獅子舞

 和光市で、ただひとつの獅子舞で、毎年下新倉氷川八幡神社に奉納される。

 地元の古老の話では、室町時代の元亀3年(1572)に始まったと伝えられているという。大獅子・中獅子・雌獅子の3つの獅子頭を使い、太鼓をたたき、水引幕をひるがえして舞う。ささらというのは、丸竹の先を細かくさいた楽器の名前で、舞子の役を引退した人が鳴らす。厄除け・豊年祝い・安全祈願など、下新倉の当時の村の生活の中から生まれ、強い信仰によって支えられてきた。昭和11年(1936)から戦争をはさんで39年(1964)まで休止されたが、地元青年会に受け継がれて復活し、古式通りに奉納されている。

出典:文化財をたずねて

  • 印刷する
埋蔵収納資料データベース
埋蔵文化財や収蔵している資料のデータベースです。
埋蔵文化財を発掘する工程を、スライドショーでご紹介します。
昔の道具を撮った写真から、使い方を想像してみましょう。
旧冨岡家住宅のペーパークラフトや、和光市史の一部をPDFでダウンロードできます。