とみざわけじかたもんじょ

冨澤家地方文書

 江戸時代白子村は、徳川家康に従って伊賀から移り住んだ伊賀衆の領地であった。冨澤家地方文書の中の「永代地方目録」は、そうなったいきさつを、領地の存在をはっきりさせるために、覚え書きとして残されたものである。

 家康は、天正10年(1582)の本能寺の変のときに、命からがら堺から岡崎の居城に逃げ帰ったが、その途中、伊賀の山中に迷い込んでしまった。そのとき伊賀衆が、家康を伊勢白子の浜まで道案内して助けたことから、同じ地名をもつ白子を、給地として与えられた。

出典:文化財をたずねて

  • 印刷する
埋蔵収納資料データベース
埋蔵文化財や収蔵している資料のデータベースです。
埋蔵文化財を発掘する工程を、スライドショーでご紹介します。
昔の道具を撮った写真から、使い方を想像してみましょう。
旧冨岡家住宅のペーパークラフトや、和光市史の一部をPDFでダウンロードできます。