しらこばやし

白子囃子

 江戸時代末期に、白子宿の柴崎音二郎という人によって始められ、現在は7月26日の諏訪神社祭と、10月第1日曜日の熊野神社祭に奉納されている。

 音二郎は、水車営業のかたわら、近所の子どもたちに手習いを教えていた。当時の青年たちが、遊びに身を持ち崩すことを心配していたが、神田明神の祭囃子に打ち込む若者の姿を見て、これを白子にも伝えたいと願った。そこで、当代随一の神田囃子の笛の名手で、板橋宿に住んでいた三喜を師匠として白子に迎え、寄付を募り、白子囃子が生まれた。

 14代将軍家茂のときには、江戸城に招かれて賞賛を受けるほど発展したが、幕末の混乱で影をひそめ、昭和の初めに関係者の尽力が実って復活した。その後、太平洋戦争で再び中断したが、昭和54年(1979)市の教育委員会により「白子囃子後継者育成講座」が開かれて復活し、現在に至っている。

出典:文化財をたずねて

 

  • 印刷する
埋蔵収納資料データベース
埋蔵文化財や収蔵している資料のデータベースです。
埋蔵文化財を発掘する工程を、スライドショーでご紹介します。
昔の道具を撮った写真から、使い方を想像してみましょう。
旧冨岡家住宅のペーパークラフトや、和光市史の一部をPDFでダウンロードできます。