Q1. この道具は何でしょう?

答え

答え くるり棒(クルリボウ) 資料No. 2a023

これは、くるり棒と呼ばれる道具です。別名で唐竿とも呼ばれます。稲や麦の脱粒や、大豆などの豆類を脱粒する際に使用されました。長い柄を持って打棒を回し振り、筵などに広げた穀類、豆類などに叩きつけることで脱粒しました。

  • 印刷する
埋蔵収納資料データベース
埋蔵文化財や収蔵している資料のデータベースです。
埋蔵文化財を発掘する工程を、スライドショーでご紹介します。
昔の道具を撮った写真から、使い方を想像してみましょう。
旧冨岡家住宅のペーパークラフトや、和光市史の一部をPDFでダウンロードできます。