はなのきいせき

花ノ木遺跡

平安時代住居跡

 花ノ木遺跡は、新倉2丁目の舌状台地に位置している。発掘調査により、弥生時代中期から後期の住居跡のほか集落を守るための環濠も検出されている。その他には、平安時代の火事にあった住居跡が検出され、須恵器の甕の他金属製の火熨斗(ひのし)と言う古代のアイロンが出土し、埼玉県の重要文化財に指定されている。

  • 印刷する
埋蔵収納資料データベース
埋蔵文化財や収蔵している資料のデータベースです。
埋蔵文化財を発掘する工程を、スライドショーでご紹介します。
昔の道具を撮った写真から、使い方を想像してみましょう。
旧冨岡家住宅のペーパークラフトや、和光市史の一部をPDFでダウンロードできます。