ふきあげいせき

吹上遺跡

1次調査区全景

 吹上遺跡は、白子3丁目の舌状台地の先端部に位置し、旧石器時代から中世までの複合遺跡である。縄文時代では、前期の住居内貝塚の他、中期・後期・晩期の集落で、特に和光市では珍しい安行式土器が多く出土している。弥生時代では、環濠集落が検出されている。

  • 印刷する
埋蔵収納資料データベース
埋蔵文化財や収蔵している資料のデータベースです。
埋蔵文化財を発掘する工程を、スライドショーでご紹介します。
昔の道具を撮った写真から、使い方を想像してみましょう。
旧冨岡家住宅のペーパークラフトや、和光市史の一部をPDFでダウンロードできます。