えのきどういせき

榎堂遺跡

溝確認状況

 榎堂遺跡は、下新倉6丁目の荒川低地の自然堤防上に位置する。発掘調査により、古墳時代前期の方形周溝墓のほか中世の溝や多数の柱穴が検出されている。

  • 印刷する
埋蔵収納資料データベース
埋蔵文化財や収蔵している資料のデータベースです。
埋蔵文化財を発掘する工程を、スライドショーでご紹介します。
昔の道具を撮った写真から、使い方を想像してみましょう。
旧冨岡家住宅のペーパークラフトや、和光市史の一部をPDFでダウンロードできます。