わにぐち

鰐口

 寺の軒下に吊す鉦。参拝者が、礼拝のときに布で編んだ網をゆすって打ち鳴らす。響きをよくするために、下に横長の大きな口があいている。

 この鰐口は、和光市の金工品としてはもっとも古いものである。

 この鰐口は、表面に刻んである銘文から、元亀2年(1571)に河村弥二郎が吹上観音に寄進したものである。河村弥二郎は、後北条氏の家臣で、今の下新倉あたりに領地を持っていた人である。

 長く観音堂に用いられてきたが、現在は東明禅寺の寺宝として保管されている。

出典:文化財をたずねて

  • 印刷する
埋蔵収納資料データベース
埋蔵文化財や収蔵している資料のデータベースです。
埋蔵文化財を発掘する工程を、スライドショーでご紹介します。
昔の道具を撮った写真から、使い方を想像してみましょう。
旧冨岡家住宅のペーパークラフトや、和光市史の一部をPDFでダウンロードできます。