ぐそく(よろいかぶと)

具足(鎧兜)

 下新倉の名主を勤めた柳下家に伝わる甲冑で、室町時代末期の頃のものと言われている。

 当時は、鉄製の胴で、兵器の変化に応じて身体を被うため、身体の各部に小具足をつけた。また個人意識が発達したため非常に複雑な形になった。

 この鎧も、鉄製の胴に紺糸おどしで、頬当て・のど鎧・胸当て・袖鎧・大腿鎧などをつけて身体をくまなく被っている。

 兜は、鉄板8枚にそれぞれ梵字を打って仏を表している。

出典:文化財をたずねて

  • 印刷する
埋蔵収納資料データベース
埋蔵文化財や収蔵している資料のデータベースです。
埋蔵文化財を発掘する工程を、スライドショーでご紹介します。
昔の道具を撮った写真から、使い方を想像してみましょう。
旧冨岡家住宅のペーパークラフトや、和光市史の一部をPDFでダウンロードできます。